勉強会

令和3年5月度勉強会


今回の勉強会は、オンラインミーティングアプリ「zoom」にてLIVE開催をいたします。

お申込みにつきましては、ページ下段の申込みフォームより事前登録を行ってください。


開催概要
名称 JCBA 5月度勉強会
日時 令和3年5月28日(金)17:30~19:00
対象 正会員・準会員・特別会員・団体会員・その他メディア等ご招待

【非会員の皆様へ】
本勉強会は会員限定のイベントとなります。 暗号資産・ブロックチェーン関連事業を検討中で、入会を検討いただける法人様に限り、初回のみ見学としてご参加いただけます。
会場 オンラインミーティングアプリ「zoom」によるLIVE配信
内容

講演&パネルディスカッション

『NFT部会メンバーが語る、コンテンツ事業者、取引所、法律、会計の各プレイヤーからみたNFT市場の発展性とその課題』

【内容・タイムテーブル】
 17:30-18:10 NFTビジネスに関するガイドラインの解説
 18:10-18:55 パネルディスカッション
 18:55-19:00 質疑応答

 

(講演概要)

JCBA NFT部会では、本年4月26日に「NFTビジネスに関するガイドライン」を公表した。このガイドラインは、会員企業のNFTに関連する事業への参入促進およびNFT関連 サービスの適正かつ円滑な運営、ユーザーにとって安心・安全な利用環境の提供、もって健全な市場育成や充実した商品やサービスの選択肢拡充のベースになることを目的としている。
本講演前半ではこのガイドラインの解説を行い、後半では昨今のNFT市場の動向を踏まえ、その幅広い可能性や発展に向けた課題についてコンテンツ事業者、取引所、法律、会計の各プレイヤーを交えパネルディスカッションを行う。

 

(登壇者)

 天羽 健介氏  コインチェック株式会社 執行役員
         コインチェックテクノロジーズ株式会社 代表取締役
 田中 遼氏   LVC株式会社  ブロックチェーン事業部マネージャー
 神﨑 倭氏   株式会社 HashPort 事業開発マネージャー
 奥秋 淳氏   株式会社 coinbook 代表取締役CSO
 小笠原 啓祐氏 有限責任監査法 トーマツ 監査アドバイザリー事業部 マネージャー
 斎藤 創氏   創・佐藤法律事務所 代表弁護士(日本及びニューヨーク州)
 長瀨 威志氏  アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー
 増田 雅史氏  森・濱田松本法律事務所 弁護士(日本国・ニューヨーク州)


【お申込み方法】

本ページ下部より事前登録願います。
※お申し込み頂いた方へ、追ってLIVE配信のURLをご案内します。
※今回は会員種別による人数制限はございません。
※ただし、議事録の配布は正会員のみとなります。

【登壇者への質問について】

当日講師に聞きたいこと等、質問を事前に事務局までお寄せください。

日本暗号資産ビジネス協会事務局

info@cryptocurrency-association.org
※当日チャットでも募集いたします。

【本勉強会について】

本勉強会は、暗号資産・ブロックチェーン関連ビジネスの発展のための会員間の知見共有を目的としており、特定の暗号資産(仮想通貨)の投資の勧誘・売買の推奨・相場予測を目的としたものではありません。

 

 

 

■ 登壇者紹介

天羽 健介
 コインチェックテクノロジーズ株式会社 代表取締役
 コインチェック株式会社 執行役員


大学卒業後、商社を経て2007年株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)入社。複数の新規事業開発を経験後、2018年コインチェック株式会社入社。主に新規事業開発や暗号資産の新規取扱、業界団体などとの渉外を担当する部門を統括し暗号資産の取扱数国内No.1を牽引。2020年より執行役員に就任。現在はNFTやIEOなどの新規事業の開発や暗号資産の上場などを行う新規事業開発部門に加え、カスタマーサクセス部門、国内最大級のNFT取引所「miime」を運営するコインチェックテクノロジーズ株式会社を管掌。日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)NFT部会長

田中 遼
LVC 株式会社 ブロックチェーン事業部マネージャー


大学卒業後、東京都庁で政策法務、訴訟や条例立案等に従事。その後、暗号資産・ブロックチェーン関連スタートアップの事業開発マネージャーとして複数の新規事業開発の経験を経てLVC株式会社に入社。現在はブロックチェーン事業の事業戦略や新規事業開発を担当するほか、デジタルアセットをかんたんに管理できる「LINE BITMAX Wallet」のプロダクトを統括し、NFT等の新規事業に注力。
日本暗号資産ビジネス協会(JCBA) NFT部会 副部会長
神﨑 倭(かんざきやまと)
株式会社HashPort 事業開発マネージャー


2017年、米国Brandeis大学にて触媒開発の研究者として複雑ネットワークの研究に従事する中でブロックチェーンに出会う。2020年4月に株式会社HashPortに入社。2021年3月より、株式会社Hashpaletteの取締役に就任。現在、NFTを発行・管理・流通するためのブロックチェーンネットワーク「パレット(Palette)」のプロダクト開発及び運用を統括。東京大学博士(薬学)。
日本暗号資産ビジネス協会(JCBA) NFT部会幹事
奥秋 淳(おくあきじゅん)
株式会社coinbook 代表取締役CSO


1996年大学卒業後、国内大手銀行に入行。金融機関、経営コンサルティングファームにて様々な業種のクライアント支援・融資業務等に携わり、2018年11月㈱coinbookに参画。㈱coinbookは2020年10月にアイドルグループSKE48とコラボレーションし、ERC721規格に則り発行されたレーディングカード「NFTトレカ」の販売を開始。2021年4月暗号資産交換業登録。
日本暗号資産ビジネス協会(JCBA) NFT部会幹事
小笠原 啓祐
有限責任監査法人トーマツ 監査アドバイザリー事業部 マネージャー


トーマツ入所後、ゲーム・エンターテインメント領域においてIPO準備から上場までを含めて幅広いフェーズでの会計監査及び内部統制構築支援業務に従事。その後暗号資産交換業者の財務諸表監査及び分別管理監査を担当。ブロックチェーンゲームの登場から暗号資産ビジネスによりコミットを深め、現在は監査法人内のFintech推進メンバーとしてブロックチェーンアドバイザリー業務に従事している。
日本暗号資産ビジネス協会(JCBA) NFT部会幹事
斎藤 創(さいとうそう)
創・佐藤法律事務所 代表弁護士(日本及びニューヨーク州)


東京大学法学部、ニューヨーク大学ロースクール卒。日本STO協会監事、日本ブロックチェーン協会顧問、FinTech協会キャピタルマーケッツ部門事務局、前bitFlyer社外取締役などを歴任。ブロックチェーン、暗号資産、FinTech、ベンチャーファイナンス等を専門に取り扱う。2018年の初期からNFT案件にアドバイス
Chambers Asia Pacific で日本のFinTech弁護士、Best Lawyers rankingsで日本のFinTech、金融機関規制分野の弁護士としてそれぞれランク・イン。
日本暗号資産ビジネス協会(JCBA) NFT部会法律顧問
長瀨 威志(ながせたけし)
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業 パートナー 弁護士


アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業  パートナー 弁護士/ニューヨーク州弁護士 ⾦融庁総務企画局企業開⽰課に出向した後、国内⼤⼿証券会社法務部に2年間出向。⾦融庁出向は主に開⽰規制に関する法令・ガイドラインの改正、スチュワードシップコードの策定等に携わり、証会社出向中は各種ファイナンス案件、Fintech案件、コーポレート案件へのアドバイスに従事。当事務所復帰後は、暗号資産交換業・デジタル証券、電子マネー決済等のFintech案件を中⼼に取り扱うとともに、国内外の⾦融機関に対するアドバイスを提供。
日本暗号資産ビジネス協会(JCBA) NFT部会法律顧問
増田 雅史(ますだまさふみ)
森・濱田松本法律事務所 弁護士(日本国・ニューヨーク州)


IT・デジタル関連のあらゆる法的問題を一貫して手掛け、業種を問わず数多くの案件に関与。特にゲーム及びウェブサービスへの豊富なアドバイスの経験を有する。金融庁市場課でのブロックチェーン関連法制の立案担当(2018~2020)を経て、FinTechに深い知見を有するとともに、古くは経済産業省メディア・コンテンツ課での勤務(2009~2010)を皮切りとして、コンテンツ業界・アート分野への著作権法を中心とするアドバイスも長く手がけている。両分野の著作講演多数、ブログ記事『NFTの法的論点』は随時更新中。
日本暗号資産ビジネス協会(JCBA) NFT部会法律顧問