勉強会

令和3年9月度勉強会


今回の勉強会は、オンラインミーティングアプリ「zoom」にてLIVE開催をいたします。

お申込みにつきましては、ページ下段の申込みフォームより事前登録を行ってください。


開催概要
名称 JCBA 9月度勉強会
日時 令和3年9月29日(水)17:00~19:00
対象 正会員・準会員・特別会員・団体会員・その他メディア等ご招待

【非会員の皆様へ】
本勉強会は会員限定のイベントとなります。 暗号資産・ブロックチェーン関連事業を検討中で、入会を検討いただける法人様に限り、初回のみ見学としてご参加いただけます。

【メディアの記者様へ】
本勉強会は会員限定イベントにつき、記事化は抜粋のみ可能です。ご希望の場合は事前に事務局までお知らせの上、校正をさせていただくようお願い申し上げます。
会場 オンラインミーティングアプリ「zoom」によるLIVE配信
内容

■第一部 講演 17:00-18:00

『マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策をめぐる国際動向及び我が国の対応』

(講演者)

 尾崎 寛氏
  金融庁 総合政策局 リスク分析総括課
   マネーローンダリング・テロ資金供与対策企画室長




■第二部 講演 18:00-19:00

『日本におけるステーブルコインの制度設計の在り方について』

(登壇者)

 白石 陽介氏  株式会社ARIGATOBANK 代表取締役CEO
  / 株式会社HashPort 社外取締役 / 東京都DXフェロー
 安達 知可良氏 EY新日有限責任監査法人 金融事業部
  アシュアランスイノベーション本部 アソシエートパートナー
 吉田 世博氏  株式会社HashPort 代表取締役
 河合 健氏
  アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業 パートナー
 佐野 史明氏  片岡総合法律事務所 弁護士



(講演概要)
ステーブルコインはブロックチェーン上の資産であるため、発行者と流通が分離された機能・実務的性質を有する。このことから、国内においてステーブルコインの取り扱いを検討する際には、各種金融法制の適用に不明瞭な点が存在する。そこで、当協会ステーブルコイン部会では、日本でのステーブルコインの取扱いにあたっての現行法の課題点を整理し、そのあるべき制度設計について検討を行っている。

(議事次第)
 1.検討のアプローチ
 2.現行法の整理
 3.現行法の課題
 4.あるべき制度設計(提言)


【お申込み方法】

本ページ下部より事前登録願います。
※お申し込み頂いた方へ、追ってLIVE配信のURLをご案内します。
※今回は会員種別による人数制限はございません。
※ただし、議事録の配布は正会員のみとなります。

【登壇者への質問について】

当日講師に聞きたいこと等、質問を事前に事務局までお寄せください。

日本暗号資産ビジネス協会事務局

info@cryptocurrency-association.org
※当日チャットでも募集いたします。

【本勉強会について】

本勉強会は、暗号資産・ブロックチェーン関連ビジネスの発展のための会員間の知見共有を目的としており、特定の暗号資産(仮想通貨)の投資の勧誘・売買の推奨・相場予測を目的としたものではありません。

 

 

 

■第一部登壇者紹介


尾崎 寛(おざきひろし)
 金融庁 総合政策局 リスク分析総括課 マネーローンダリング・テロ資金供与対策企画室長

1988年東京大学経済学部卒、三井銀行入行。91年大蔵省出向(国際金融局調査課)、93年外務省出向(在ワシントンDC日本大使館財務班)などを経て、2014年4月三井住友銀行欧亜中東本部中東総支配人兼ドバイ支店長、17年4月三井住友銀行総務部 部付部長兼AML金融犯罪対応室長。同行を退職し、18年2月から現職。
ニューヨーク大学Stern School of Business(MBA)、日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)、日本安全保障貿易学会(CISTEC)会員、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科非常勤講師、Certified Anti-Money Laundering Specialist(CAMS)

■第二部登壇者紹介

白石 陽介 (しらいし ようすけ)
 株式会社ARIGATOBANK 代表取締役CEO / 株式会社HashPort 社外取締役 / 東京都DXフェロー

2005年インターネットイニシアティブ入社。2010年SBIグループへ出向。2012年ヤフー株式会社入社。Y!mobile、Yahoo!マネー等の立ち上げを経て、決済プロダクトの統括責任者に就任。PayPayを立ち上げる。2019年株式会社ディーカレットにCTOとして参画。デジタル通貨事業を立ち上げる。2020年株式会社スタートトゥデイにFintechのプロとして参画。世の中に新しいお金の流れをつくるべく株式会社ARIGATOBANKを設立。代表取締役に就任。2019年より東京都DXフェローとして東京都のICT政策に関する助言を行っている。
当協会 ステーブルコイン部会 部会長
安達 知可良 (あだち ちから)
 EY新日有限責任監査法人 金融事業部 アシュアランスイノベーション本部 アソシエートパートナー


金融事業部に設置した「FinTechセンター」、およびアシュアランスイノベーション本部に設置した「Digital Trust」「Blockchain Center」をリード。FinTechセンターにおいては、FinTech企業、金融機関双方へのサービス支援のほか、FinTech企業に対する会計監査やシステム監査などに従事。Digital Trustでは、AI、Blockchainなど最新のデジタルテクノロジーを活用する企業に対し、次代のデジタル保証サービスに関する情報整理とソリューション構築支援を推進している。Blockchain Centerでは、ブロックチェーンに係る監査対応支援などを行っている。日本公認会計士協会のブロックチェーン検討専門委員会、Fintech協会のセキュリティ分科会の事務局など、FinTech分野に係る複数の社外活動にも従事。
当協会 ステーブルコイン部会 副部会長
吉田 世博(よしだ せいはく)
 株式会社HashPort 代表取締役

2013年慶應義塾大学法学部卒後、2016年ボストンコンサルティンググループに入社。同社のデジタル事業開発部門であるBCG Digital Venturesにて、東京オフィス最年少のVenture Architect(投資・事業開発担当者)として日本及び中国でのプロジェクトに従事。2018年に株式会社HashPortを創業し、代表取締役に就任。国内の主要暗号資産交換業者にコンサルティング・システムの提供を行う他、IOST、Enjin、Qtum、Tron、Tezos、Ontology、Neoなど多くのプロジェクトの日本展開も支援している。また、東京大学工学系研究科共同研究員、慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート「暗号資産研究プロジェクト」共同研究メンバーを務めている。
当協会 ステーブルコイン部会 幹事
河合 健(かわい けん)
 アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業 パートナー
 当協会 顧問弁護士


スタートアップから大手金融機関までフィンテック・ブロックチェーンに関連する各種のリーガルアドバイスを行っている。また、大手金融機関においてデリバティブ取引等の市場業務に約15年間従事した経験を踏まえ、金融規制法、デリバティブ取引に関し、金融実務に即したアドバイスを行っている。
当協会 ステーブルコイン部会 法律顧問
佐野 史明 (さの ふみあき)
 片岡総合法律事務所 弁護士


証券化取引、プロジェクトファイナンス、金融規制などの金融法務を主に取り扱う。
2014年から2年間、信託銀行に出向後、2017年から3年間、金融庁監督局・総合政策局の課長補佐として、Fintech、金融機関の破綻処理業務等に従事。近時の著書として『詳解 デジタル金融法務』(2021年、きんざい)など。

当協会 ステーブルコイン部会 法律顧問